ふたえ市民農園の詳細情報はこちら

おおしお市民農園の詳細情報はこちら


「ふたえ市民農園」「おおしお市民農園」は、滞在型の市民農園の形態をとっており、ドイツの市民農園を参考に整備をしています。

 ドイツの市民農園は「クラインガルテン」と呼ばれ”小さな庭”という意味です。このクラインガルテンにはさまざまな小屋が建っています。この小屋のことを「ラウベ」と呼んでいます。このラウベは、それぞれの敷地の一角を利用して市民各々が自分の手で建てたものです。(大町市では、この「ラウベ」を市が利用者に賃貸借する方法をとっています。)

 ラウベの内部はというと、各々特徴あるインテリアでほどこされ、屋根裏部屋つきの凝ったラウベもあるようですが、普通は24u位の平屋で小さなベッドとソファーにテーブルといった簡素なラウベが一般的なようです。このラウベがどのように使われているかというと、庭先の菜園でとれた野菜を料理して食事をしたり、なっている果実をもいできては果実酒をつくったり、農作業の合間には寝転んだりもするそうです。

 また、園内には共同の施設として小さなレストランを設け、隣近所のラウベ利用者とおしゃべりを楽しんだりもできます。1区画は、平均350uといわれ、利用期間については長期間あるいは無制限のものもあり、場合によっては相続も認められるものもあるようです。

 このような農園は、外国には古くからあり、オランダではホルクステュイン、イギリスではアロットメントと紹介されています。「ふたえ市民農園」「おおしお市民農園」は、利用期間等に制限はありますが、おおむねこれに類似した構成をとっています。