目通り幹囲は8.45mで、枝が四方に伸びており、樹姿が雄大ですが、現在は、樹勢を守るための手当てが施されています。 樹齢は約800年といわれ、開花期は5月下旬〜6月初旬で、花径5mmぐらいの梅花状の白い花が穂状につきます。 静御前が奥州平泉に下った義経の後を追い、「奥州」と間違えて美麻の「大塩」に来てしまった時に、静の杖が根づいたのが「静の桜」と呼ばれる由縁とされています。

 桜といってもソメイヨシノなどのイメージとは違うイヌザクラです。花は5mmほどの梅花状で、遠くから見るとわかりにくいですが、側で見ると可憐な花が穂状についています。公園として整備されていて、のどかな田園風景の中にあります。

昭和37年に県の文化財天然記念物に指定されました。
 静御前といえば源義経の愛人だいね。その義経さんは兄の頼朝に追われ奥州に旅立ってしまった。けど、静さんはけなげに義経さんの後を追ったよ。

 京を出て、表海道はたどれんもんで、仁科の里からこの美麻へぬけてきなさった。一休みなさった大塩ってとこは、鹿島槍や五竜のてっぺんがよく見えるところでな、登り坂で杖にしてきた桜の棒をここに置いてきなさった。

 それがまあ、不思議なことに根を出して、枝を広げたもんだ。そいで立派な桜の木になって、静御前さんの杖だったから「静の桜」って呼ばれて、もう千年になるだいね、あの木は・・・


「イヌザクラ」の花房
よく似た花を、山で見かけますが、「ウワズミザクラ」といって違う種類です。
花弁は、楚々として、静御前の憐れみを誘います。

Google ストリートビュー